fx 比較
レーシック

2010年04月24日

マイケル・ジャクソン側近ビル・ブレイとは



マイケル・ジャクソンの思い出


ビル・ブレイ氏のことWiki answersより抜粋
ビル・ブレイ氏を良く知る人の話として掲載されているもの


「私の家族は40年間以上ビル・ブレイ、彼の姉妹ミルドレッド、および兄弟ガイを知っていました。

billbray02.jpg


私たちがたまたまロサンゼルスでブレイ氏に出くわしたとき、彼は、いつもマイケル・ジャクソンについて絶賛してしました。


マイケルがいつも非常に内気に思えたので彼が、マイケル・ジャクソンがどれくらいスマートで素晴らしいかを私に言うほど、人々は、彼に対して誤解がありました。


1995年、MJはブレイ氏に退職を勧めました。彼はそれを受け入れ、MJはその後ビル・ブレイの医療費を10年間支払っていました。


しかし、2005年11月15日にブレイ氏が亡くなるまで10年間ふたりは二度と顔を合わすことがありませんでした。


マイケルが対処していた彼自身の問題のためブレイ氏を訪問するのは、厳しかったかもしれません。


ブレイ氏に対して、私たちは何が退職の原因かなんて決して聞きませんでした。 ビル・ブレイはマイケル・ジャクソンに非常に忠誠でしたからね。私はもちろんそのことをよくを知っています。


マイケル・ジャクソンは最高の、そして、素晴らしい才能の人でした。しかしマイケル・ジャクソンが少年J.チャンドラーと共にモンテカルロに旅行することは有害な選択をしたということでした。 金、金、金のチャンドラー家にミリオンダラーを支払った後は、彼は、少年たちと一緒に寝ることは止めるべきだったと思う。


ただ、90年代の半ば、ブレイ氏が退職したことの理由は、神秘のままだと広く報告されたように、マイケルは二度とビルを見ることはありませんでした。


ここ10年間の間のお互いのためにか、決して、会わないようにしていた、のが本当であるように思えますが、正確な理由は不明です。


或る者はブレイ氏がその1993年の苦しめることになった訴えの時、ブレイ氏は側近としてマイケルのそばにいたから、または、MJの薬物使用のことで、マイケルとの対立があったかもしれないとも論じてもいますしね。


マイケルには、彼の人生から人々を突然落とすという評判がありましたからね……長年彼と共に働いていた忠誠な人々さえ。 彼は彼の長年のマネージャー、フランク・ディレオにそれをしました。


そして、彼は長年の弁護士ジョン・ブランカにそれをしました、そして、また長年のパブリシストのボブ・ジョーンズにもそれをしました。


マイケル・ジャクソンは彼の死の数年前の最近、ディレオとブランカを再雇用はしたようですが。 これら全部、男性らは説明を全く受け取りませんでした彼らに提供されたのは一通の解雇通知だけ。


ビル・ブレイが、もし薬物使用を止めるよう忠告していた、あるいはチャンドラー訴訟が決着した後に、彼がネバーランドのパジャマパーティーにより多くの少年を招待するのは止めた方がいい、と忠告したから、突然にビルを取り除いたのか…それも容易に想像はできること…

誰に聞いても、ビル・ブレイはマイケルの給料支払名簿に名前が記載されていた、しかしマイケルは彼に決して連絡しませんでしたが。


或る者は私が推測するその「忠誠」を考えるかもしれませんが、ビルが本当に欲しかったものは、たった一度でいいからマイケルに会うことだったのです。


マイケルはビルに果物やクラッカーやビスケットを贈り物として届けたが、2004年10月、寝たきりになりその1年後に亡くなるまで、マイケルが病院を訪れるのを待ち続けていたといいます。


小さな病室で寝ているビル・ブレイを私は見てとてもショックを受けました。小柄な老人、彼は話すことができなくなっていました。ビルは病室に備え付けられた、テレビでジョン・ウェインの昔の映画を観ていました。


ビルは、プレスにマイケルに関する否定的な言葉をただの一度も決して話しませんでした。


マイケルと彼の25年のことについて「マイクを傷つけるかもしれない、何も話すことはない」と主張し決して本を書いたりもしませんでした。


ビル・ブレイが息子のようにマイケルを愛していたのは、まぎれもない事実でした…」

0424-bill_bray.jpg

ビル・ブレイとマイケル・ジャクソンの出会いはこうです…


1970年、ビルが55歳、ロサンゼルス市警の現職警官だった時、家族の要請で警備スタッフのチーフとしてジャクソン5の側近となりました。


マイケルがまだ11歳か12歳だったので、マイケルめがけてやってくるキャーキャー言うファンをしばしば舞台裏で文字通りほとんど運び去ったといいます。こうしてビル・ブレイたちはマイケルたち兄弟を守っていました。


「ビル・ブレイがマイケルのための仕事を止めた時は70歳だったから、おそらくそれはとても重要なことだと思う。確かに、マイケル・ジャクソンと共にいるには70歳という年齢はセキュリティ能力の引退につながって当然であるからだと納得できます。


ビル・ブレイがロサンゼルスのセンティネラ病院で亡くなったと知った時、マイケルは非常に「ヒステリック」になったというニュースがあった。それは決してブレイと連絡を取らなかったという罪の意識なのか…でも奇妙にも思えるね」。


こんな風にビル・ブレイの隣人が話していたという記事、でした。

2005年11月18日、ビル・ブレイの死去に際し、マイケルは広報担当、レイモン・ベインを通じてコメントを発表。


「僕の大切な長年の友人、ビル・ブレイ氏の逝去に深い悲しみを覚えます。僕が世界中を旅した時、ブレイ氏はいつも僕のそばにいてくれました。ビル・ブレイは、僕の心の中でいつまでも特別な存在であり続けるでしょう。ブレイ一家には、僕からの愛と心からのお悔やみを申し上げます」。


本当はマイケルはお見舞いにも、お葬式にも行きたかったに違いない、でも当時の彼の苦しみの状況を想像すると、それはできなかったのでしょう。

こちらの書籍はマイケルとビル・ブレイ氏の絆、信頼関係がきっちりと記されています。↓


マイケル・ジャクソンの思い出


海外芸能人←最新情報はコチラ♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。