fx 比較
レーシック

2015年04月25日

アナザーストーリーズ『ムーン・ウォーク』誕生の秘話その2


nelson.JPG
ネルソン・ヘイズ氏とマイケル



勝負の舞台は整った。


マイケルは自宅へ取って返すと、あるものを大慌てで探し始めた。その様子は兄のジャッキーを驚かせた。


―ジャッキー・ジャクソン
マイケルは帰ってくるなり、突然母さんのタンスに頭を突っ込んだ。なんだなんだと思ったら、「母さんのジャケットを探しているって言うんだ」、「あのキラキラしたジャケットはどこ?」「黒くてキラキラしたやつだよ!」って。

さんざん探し回ったあげく、お目当てのジャケットを見つけステージ衣装にしたんだよ(笑顔)



実はこのジャケット、いつか大舞台で使おうと心に決めていた特別なものだった。


いつの日か、舞台でこれを着るんだ
モータウン25でそれを着るなんて申し分ない(太文字)


本番までの間マイケルは地下室でひとり、自分だけの練習を続けた。


―ジャッキー・ジャクソン
ひたすらやってたよ。15秒から30秒くらいの動きをずっと練習していたんだ。おいおい何を始めるんだ?と思ったよ。だって本当に何をやるか知らなかったから…。



「モータウン25」に臨むマイケルの決意、それを肌で感じていた男がもう1人いる。


ネルソン・ヘイズ、マイケルの元運転手兼付き人(と紹介されている)として17年もの間、マイケルの身近に仕えた。


本番当日、ネルソンはマイケルに呼ばれ舞台そでに行った。


―ネルソン・ヘイズ(70歳)
大事な役目があるって、この帽子を(黒い帽子を手に持って)渡されたんだ。そんなことを頼まれたのは、あれが初めてだった。練習しておこうと言うから何だ?と思ったら、帽子を目印の位置に置く、それだけ。なのに4回もやったんだ。置いて拾って、置いて拾って…。それだけひたすらやらされたよ(笑顔)。



何もかもが、それまでのマイケルとは全く違う。
マイケルは「モータウン25」という大舞台で、全く新しい自分の姿を、世界にたたきつけようとしていた。


かくして「モータウン25」は開幕した。
ショーの中盤、まずはジャクソン5として出演した。兄たちとの出番を終えた後、マイケルはひとりネルソンの置いた帽子を手に取った。


そして、伝説のステージが始まった。
(ビリー・ジーンの映像)

Motown 25
Yesterday, Today, and Forever



―ネルソン・ヘイズ
マイケルのあんな動き、おれも初めて観たよ。


―ジャッキー・ジャクソン
髪をかき上げてあのジャケットをひらひらさせて、帽子を投げて。本当に素晴らしかった。衝撃的だったよ。


そしてあの2秒が訪れる。
客席は興奮のるつぼとなった。
デビューから20年、エンターテイメントの頂点に手をかけた瞬間だった。


―ネルソン・ヘイズ
ムーン・ウォークを見せたのはほんのちょっとだった。今見るとあれが?と思うだろ?だけどあんな動き誰も見たことがなかった。まさに歴史的瞬間ってやつさ。


―ジャッキー・ジャクソン
世界で最も人々にインパクトを与えたパフォーマンスだったと思うよ。あの瞬間から最高のすべてが始まったんだ。


マイケルが去った後も興奮は冷めやらない。


―スティーブン・アイボリー、マイケルを長年取材した音楽記者
マイケルが「ムーン・ウォーク」をやってステージを去っていった。みんなまだ誰か次に出るのは知っていたけど、正直もうどうでもよかった(笑)。「みんなあれ見た?あれ見た?」って大騒ぎさ。あっちこっちで客席から立ち上がり、「信じられない」って言ってたよ。そうしたら、場内アナウンスで「レディース・アンド・ジェントルマン、席におつき下さい、まだショーはあります」ってね。



その頃舞台裏では、

「マイケルの次が俺の出番だった。
なんてこったと思ったよ」

アダム・アント談


マイケルは大物たちを押しのけ、喝さいを独り占めした。
だが、その目はさらに先を見ていた。

マイケル・ジャクソン『ムーン・ウォーク』誕生の秘話その3へ続く



posted by カヨ at 15:24| Comment(0) | ★マイケル放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。