fx 比較
レーシック

2016年09月09日

アナザーストーリーズ『ムーン・ウォーク』誕生の秘話その8



mic-thumbnail2.jpg



その前日も、トラヴィスはマイケルと一緒にいた。


トラヴィス
――マイケルと最後にあったのは、2009年6月24日、「This is it」のリハーサルをしていたんだ。「おやすみ」って言って別れたんだ。「また明日ね」って‥‥。それが最後の会話になるなんてね‥‥。


亡くなる前、マイケルはトラヴィスにこんな言葉を送っていた。



トラヴィスへ
限界なんてない
どんな山も登れる
君の理想を信じて突き進め




87003.jpg
マイケル自筆の内容




マイケル亡き後、トラヴィスはマイケルに関する仕事を一手に引き受けた。あの日のムーンウォークを見て、夢を抱いた少年は、マイケルのこだわりを形にできる唯一の後継者となっていた。



トラヴィス
――いまでも頭の中で聞こえるんだ、
「もっと行けるだろ?」「それでいいの?」
だからいつも、これならマイケルもいいって言うだろうって、10年経ってもいいもんだと言うだろうって、彼の声を聞き続けているんだ。



わずか2秒間のムーン・ウォークが多くの人の人生を変えた。夢を叶えた者、今も多くの夢を追い続けている者…死してなお、強い光を放ち続けるスーパー・スター、マイケル・ジャクソン。



あの日から32年、2015年2月28日、モータウン25が初めて再放送された。マイケルがムーン・ウォークを見せたあの躍動感がよみがえる。昔見た世代も、今初めて見る世代も、みんな彼の虜だ。



ジャッキー・ジャクソンにとって、マイケルは今も最高の弟だ。



ジャッキー・ジャクソン
――ステージにいると、今もマイケルの存在を感じるんだ。彼の魂とともに舞台に立っているんだ。あいつは生涯マイケル・ジャクソンであり続けた。ほかにマイケル・ジャクソンになれるやつはいない。



キング・オブ・ポップを生んだ2秒間、その伝説は永遠に輝き続ける


終わり
読んでいただきありがとうございました。






posted by カヨ at 11:26| Comment(0) | ★マイケル放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ